専用機材不要!ブラウザでできるおすすめDTMサイト3選

ゼロオタRemix講座
スポンサーリンク

はじめに

 

こんにちは!めだんしです。

いよいよ今回からRemixのやり方の紹介に入っていくわけですが、
まずは作業場となる
「DTMができるWEBサイト」をご紹介します!!
ブラウザで動くので、
ネットとPC以外には特殊な機材必要ナシ!
もちろん無料!!

 

近年こういうサイト・サービスがどんどんできていますが、
今回は「Remixをする」ことを前提に、三つだけ選定。
そんなに何個も何個も並べても
しょうがないと思いますしね!

 

↓この記事が役立つであろう人↓

  • Remix始めてみようかなと思っている人
  • DTMに興味はあるものの
    特に機材を持っていない、予算もあまりない人
  • 外出先などで浮かんだアイディアの
    スケッチにブラウザDTMを使ってみたいという人

 

スポンサーリンク

今回の「スグ使」ポイント

 

  • 「ボーカル入りRemix」なら
    Soundtrap
  • インストアレンジをするならSoundation
  • 音にこだわるならSoundation
    ではあるが、
    それならDTMソフト導入しよう
スポンサーリンク

今回のRemixにつかった原曲

 

ゲームとかアニメの曲でやったらスッと入りやすいかと思いますが、
著作権の云々もありますのでね…。
ぼくの曲です。

Donut Monster feat. ygt / Medansy

こいつの頭サビ部分、
Futurebassの要素をとりこんだエモめのビート感ですが、
アゲアゲな4つ打ちにしてみようと思います!

ちなみに各種ストリーミング配信、ダウンロード販売も行っていますので是非!

https://www.tunecore.co.jp/artist/medansy

 

 

スポンサーリンク

オススメ①:Audiosauna

 

オススメ、といいつつ
ボーカル入りRemixはできないです。

インストアレンジとかやってみたい人向け。

 

AudioSauna – Free Music Software – Make Music Online

ウィンドウはこんな感じ。

 

AudioSaunaで作ったRemixはこんな感じになります。

 

後述する「気になるところ」が気になりすぎて4小節で心が折れました

 

いいところ

  • 会員登録が必要ない
  • シンセ類のGUIがかっこいい
  • 動作が軽い

 

気になるところ

  • 外部からオーディオデータを読み込めない(=ボーカルRemixはできない)
  • 音がかなりチープ
  • エフェクトが2種類しかない

なんといっても会員登録が必要ないのは嬉しいですね。
サクッと始められます。

ただ繰り返しているように音声データを取り込めないので、
ボーカルを抽出してRemix…というようなことはできません。

あと音質(というか音色)がかなりチープです。
裏を返せばいい意味での「レトロ感」とも言えますが、
きらびやかで厚みのある音が主流な今のクラブサウンドには
なかなかもっていけないですね…。
GUIはかっこいいんでテンション上がるんですが、、、

 

と、諸々がRemixにおいては割と致命的なところではありますが…
レトロな感じのインストアレンジをしてみたい、
とかであれば使えるかもですね。

 

スポンサーリンク

オススメ②:Soundation

 

「ブラウザ DTM」とかで検索すると結構な数で紹介されるのがこのサイト。

かなり長年運用されているサイトのようです。

 

制作中のウィンドウはこんな感じ。

 

Soundationでの音源はこんな感じ。

 

 

ボーカルが入っているということももちろんですが、
オススメ①Audiosaunaと比べると全体的に音がかなり豪華になっているかと思います。

 

いいところ

  • 音が良い
  • サンプルが用意されているのでリズムトラックを簡単に組める
  • エフェクトが豊富なので音を作りこめる
  • 音が良い

 

気になるところ

  • 無料版だとプロジェクト保存時にオーディオデータは消されてしまう
    (=毎回ボーカルデータ等を読み込み直す必要がある)
  • むちゃくちゃ重い
  • Google Chrome以外のブラウザを使うと
    たまに動作がおかしくなる

 

もうね、

とにかく音がいいです。

無料版でここまでできんのかってびっくりしましたもん。

登録されているサンプル類も結構いいものが多くて、
効果音系やビート系で困ることはほぼないかと思います。

 

ただ、
無料版では外部オーディオを読み込んだまま保存ができない、
っていうのがかなり痛いところ。
インストアレンジを作るとか、
フレーズのメモなどに使うのであれば
間違いなくこのサイトをオススメするのですが、
ボーカルRemixとなると、
作業のたびにいちいちボーカルデータを読み込ませないといけないので
何作も作っていくと結構ストレスになるんじゃないかなと思います。

 

Remix前提で考えると本当に惜しいサイトだなという感じです。

何度も言うように音はむちゃいいし、
使い方紹介ブログも結構あるので、
導入としてはアリかもしれません。

 

スポンサーリンク

オススメ③:Soundtrap

 

こいつが今日の結論です。

 

作業ウィンドウはこんな感じ。

 

Remix音源がこちら。

オススメ②Soundationと比べるとやや劣るかなという感じではありますが、
無料で、しかもブラウザでこれだけやれるなら十分では?という気もします。

 

いいところ

  • オーディオデータを自由に読み込める
  • 用意されているオーディオサンプルが豊富
  • プロジェクトごとシェアできる

 

気になるところ

  • シンセの音色は飛び道具的なものが多い
  • プロジェクトの読み込みに結構時間がかかる

 

ボーカルデータを読み込むという前提で考えると
Soundtrap一択かなというのが個人的な結論でした。
そもそもオーディオデータを読み込めるサイトがあまり少ないってのもありますが。

ビートのサンプルもジャンルごとになかなかの種類が置いてあるので、
クオリティアップはもちろん、
うまく使えば時短にもなると思います。

 

また、「プロジェクトごとシェアできる」というのもおもしろい特徴ですね。
ブラウザを通してやり取りするので
データを送信する必要がないですし、
友人と共同作業で作る「コライト」がしやすいと思います。
この点に関しては有料のDTMソフトすらも凌駕する機能性かなとは思います。

 

ただ、前述した2サイトに比べると、
シンセの音がちょっと独特です。
悪いというわけではないんですが、
「どこで使うんそれ?」みたいな飛び道具的な音色が多くて、
今回のようなスタンダードなダンスミュージックの場合
音作りにちょっと苦労します。

 

全体としては非常に使いやすいDTMサイトだと思いますので、
この講座では「Soundtrap」を使ってRemixの作り方を紹介していこうと思います!

 

スポンサーリンク

注意:音源はMP3でしか書け出せない

 

「すぐ使ポイント」につながってくるんですが、
どのサイトも、
無料版では基本的にMP3(128kbps程度)の低音質でしか
音源を書き出すことができません。

スマホやPC付属のスピーカーで聞く分にはそこまで影響ないですが、
クラブ等で爆音で流すとなると
ちょっと耐えられない音質、とイメージしてください。

 

したがって、
・アニクラ等DJプレイで使うことを想定している
・音質にはこだわりがある
というような場合は、
素直にDTMソフトの導入を検討した方がいいと思います。

もちろんスタンドアローンのDTMソフトにも
無料のものはありますので、
追々紹介していきますね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

この記事ではブラウザ上で動かせるDTMサイトを紹介しました。

どのサイトも一長一短ではあるので、
自分に合ったサイトを使ってみてくださいね!
この講座では「Remix」を大前提に進めていくので、
オススメ③のSoundtrapでの制作方法を紹介していきます。

 

それではまた次回!
めだんしでした。

コメント