【Remix入門編】必須ツール!歌声りっぷでアカペラ音源を抽出しよう

ゼロオタRemix講座
スポンサーリンク

はじめに

 

こんにちは!めだんしです。

前回はブラウザ上でDTMができるサイトをご紹介しました。
この講座ではSoundtrapを使って進めていきます。

 

専用機材不要!ブラウザでできるおすすめDTMサイト3選
WEBブラウザで始める初心者向けRemix入門講座。ブラウザで「無料」で始められるDTMサイト3つを紹介!ポイントは「ボーカルデータを読み込めるか」「音のクオリティ」「操作性」の3つ。

 

早速Soundtrapを使って……といきたいのですが、
その前に、
この記事では「ボーカル抽出」のやり方を紹介します!

 

原曲からボーカルデータを抜き出して制作していくRemixにおいては
避けては通れない必須の工程。

実際に僕が使っている設定もお見せしちゃいますよ!

 

スポンサーリンク

今回の「スグ使」ポイント

 

  • 原曲とインスト音源を用意しよう
  • フリーソフト「歌声りっぷ」を導入しよう
  • ブッ込んで抽出!
    (曲によっては綺麗に抜けないこともあるけど現段階では諦めよう)
スポンサーリンク

まずは原曲とインスト音源を用意

 

何はともあれ原曲の用意をしましょう。

今回は入門編なので、
インスト音源があるものを選んでください。
インストがない場合のボーカル削り出しのやり方もありますが、
ちょっと複雑になるので、
一旦は後回しにしましょう。

ちなみにインスト音源は有志のファンが作ったものや
カラオケボックス等で流れているクオリティのものでは
意味がないので注意です。

スポンサーリンク

歌声りっぷの導入

 

ボーカル抽出系のフリーソフトにおいて、
絶対的ポジションを確立しているのがこちら、

歌声りっぷ

です。

 

抽出の原理に関しては割愛しますが、
とりあえず原曲とインスト音源を取り込んだら
いい感じにボーカルだけ抜き出してくれる神みたいなソフトです。

 

ダウンロードはこちらから(Vectorにジャンプします)

 

lzh形式で圧縮されているため、
対応していない場合は7-zip等の解凍ソフトを使ってください。

解凍するとこんな感じのファイルが入っています。

2番目のアプリケーションを開きましょう。

こんな感じ。

スポンサーリンク

音源ファイルをブチ込む

 

操作の手順はこんな感じです。

①原曲を読み込む

②インストを読み込む

③より良く抽出できるように設定を変える

④抽出!

 

以上。

画面下部の「出力WAVEファイル(ボーカル)」欄に
出力先のフォルダ、名前が表示されます。

必要があればここは適宜変更してください。

 

そして肝心の設定ですが、こんな感じにします。

 

 

Remixにおいてボーカル抽出の解像度って
作品のクオリティに直結する一つの要素なので、
これを公開するって割と出血大サービスなんですよ(自分で言う)

この設定にすれば
あらかたの音源は綺麗に抜けてくるかと思います。

微調整する場合は以下を参考にしてください。

  • オケが削り切れていない場合
    ①「処理方法>抽出方法」を「抽出優先」にする
    ②「詳細設定>中央定位抽出」を強めにする
  • ボーカルがこもっている場合
    「詳細設定>高音カット」を右にズラす

 

ちなみにこの設定でザクッと抽出した「Donut Monster」の
ボーカルデータがこれです。

 

 

オケはやや残っていますが、
初めてのRemixに使う分には十分じゃないかな?というレベルです。

スポンサーリンク

抽出しきれない場合もある

 

ここまでの設定であらかた綺麗に抽出できると思いますが、
曲によってはできないこともあります。

実は、曲によっては
原曲とインスト音源で冒頭の無音時間がほんの少し違う
ことがあるんです。
この無音時間の差が大きければ大きいほど
抽出精度は下がります。

もちろん解決策はあるんですが、
現時点ではちょっと作業が煩雑なので
一旦後回しにします。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

この記事ではボーカルデータの抽出方法を紹介しました。

抽出した後のボーカルを聞くと
「大好きなキャラ(アーティスト)がアカペラで歌ってる…!」
と、それはそれは感動します。
これだけでもRemixに手出してよかったなって
思えるほどです(過剰)

次回からいよいよ本格的にRemix制作にはいっていきますよ!

それではまた!
めだんしでした。

コメント