【Remix入門編】鳴らせ重低音!5分でできる高汎用性のベースライン打ち込み

ゼロオタRemix講座
スポンサーリンク

はじめに

 

こんにちは!めだんしです。

前回からいよいよ実践的な制作に入りました。
ビート類はサンプルライブラリを活用してザクザクッと作ろう、
という話でしたね。

【Remix入門編】ブラウザDTMならでは!5分でできる時短ビート作り
WEBブラウザで始めるRemix入門講座。サウンドライブラリを活用したリズムトラックの組み方を紹介します。 「ノリ」を出すのが難しいリズムトラックも、サンプルを上手く使えば一発解決!

今日はクラブミュージックの屋台骨、
ベーストラックを作っていきます!

特にクラブミュージックでは
ベースをどれだけイイ感じに聞かせられるかがポイントにはなるのですが、
今回は入門編ということもありますので、
ザクザクーッと概要を説明して、
打ち込みのやり方をつかんでいただくことを目的にしたいと思います!

 

スポンサーリンク

今回の「スグ使」ポイント

 

  • インストゥルメントトラックを立ち上げよう
  • ノリノリな4つ打ちにはアタック感のある音色がオススメ!
  • 8分裏にルート音を置いたらおしまい!
スポンサーリンク

今回のゴール音源

 

今回の記事では、ここまでの音源が作れたら達成です。

ベースが入ることで一気に「楽曲」感が出てくる気がしませんか?
ウオオオオ俺今曲作ってる!!!!みたいな。
ないですか、そうですか…

で、ドラムに続いて、
これも、フレーズ自体は一瞬でつくれます。

それでは作業を進めていきましょう!

スポンサーリンク

インストゥルメントトラックを立ち上げ

 

まずは画面左のトラックリスト下段にある「+」ボタンをクリック。

 

こんな画面が出てきます。

 

Soundtrapの親切なところで、
鳴らしたい音(パート)ごとに
プリセットをまとめてくれているので、
狙った音を探しやすいんです。

今回は「Guitar & bass」を選択。

オ、オォン……急にDTM感出てきたァ…

ビビらずいきましょう。
まず操作すべきところはここ。

 

赤丸で囲ったところをクリックすると…

 

こんなんが出てきます。
「音色一覧」です。

再生ボタンを押すと
どんな雰囲気の音が出るのか確認できるので、
気になったプリセット名のものを一つ一つ確認していきましょう。

今回は
「Bass – Synth > Attack Bass」を選んでみました。

アゲアゲな音楽を作りたいときは、
アタック感(音の出だしの強さ)が強めのものを選ぶと
音にメリハリが出るのでオススメです。

 

選択したら、適当なところをクリックして
もとの画面にもどります。

 

スポンサーリンク

原曲のルート音にそって打ち込んでいく

 

さてここからが今回大事なところ。

インストゥルメント画面の上部「Piano Roll」ボタンをクリックします。

こんな感じになる。

ピアノロールって呼ぶんですけど、
音ゲーのように、
鳴らしたいタイミングで鳴らしたい高さの場所に
ノーツを置いてあげると
その通りに鳴らしてくれる
という仕組みです。
的中率100%のフルコンオールパーフェクト確定なので、
逆に言うとこっちが置き間違ったら変な音が鳴ります。

左右のスクロールバーを動かしてもらうと分かるように、
このピアノロールは
上のプロジェクト画面と同期しているので、
プロジェクト画面も参考にしながら、
ノーツを置いていきましょう。

 

まずは右上の歯車ボタンからグリッド間隔を8分の1音符に設定。
詳しくは以下記事の「細かい操作方法」より。

【Remix入門編】実はめちゃ大事!プロジェクト作成~ボーカル読み込み
WEBブラウザで始める初心者向けRemix入門講座。 無料DTMサイトSoundtrapの会員登録からプロジェクト立ち上げ、ボーカル流し込みまでを紹介。この準備が後々のクオリティを大きく左右することもあります。

 

ピアノロール左端の鍵盤部分はクリックすると音が出るので、
原曲の低音をよく聞いて、同じ高さの音を探します。
サッと言ったものの、
いわゆる「耳コピ」です。これが難しい。
簡単なコツ等も後々ご紹介しますが、
僕の提供している耳コピ支援サービスをご利用いただくと
より早く確実にフレーズをお渡しできるかもしれません。

耳コピサービス
耳コピサービス ・Remixしたいけどコード進行が聞き取れないから教えてほしい… ・コード進行だけおさえてもらって、細かいフレージングの耳コピに時間を割きたい! ・ドラムの細かいフレーズを聞き取るのが苦手…教えて! ・ギターで弾...

 

Donut Monsterは大まかな動きとしては
ソ⇒ラ⇒シ
というラインを大枠のメインにしていることが分かります。
(小節ごとに細かい違いはありますが)

ざっっっっっくり言ってしまうと、
このベースのラインが「ルート音」になります。

ルート音
コード(和音)の最低音。
めちゃざっっっっっくり言うと「ベースの音程」

 

そしたら、このルート音にそって
8分裏の場所にポンポンとノーツを置いていきましょう。

ピアノロール右端の選択部分がえんぴつマークになっていることを確認して…

 

上部のプロジェクト画面を見ながら、
どこからセクションが始まっているかを確認して…

 

イイ感じの低音感がある高さでグリッド線を見ながら8分裏にぽいぽい!

 

こんだけ!!!!!!!!!!!!

 

あの、マジでこんだけです。
関門となるのは「ルート音」をとれるかどうか。
そこさえクリアすればマジでぽいぽい置いて終わりです。

スポンサーリンク

本来は音作りの工程が入る

 

ベースの打ち込み自体はいたってシンプル。
もちろんバリエーションもつけられますが、
8分裏さえおさえておけばとりあえず4つ打ちはなんとかなります。

で、もちろん本来はこれだけじゃなくて、
「どういう音色にするか」という「音作り」の工程が
入ってくるんですが、
この記事では一旦割愛します。
別に後からでも調整できるっちゃできるので。

まずはドワーーーッとフレーズを打ち込んでは再生して、
気持ちよくなるところから始めるのも
いいんじゃないでしょうか!!!!!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

この記事ではベーストラックの組み立て方を紹介しました。

というかどちらかというと
Soundtrapにおけるトラックの立ち上げ方と
打ち込みの仕方、という方が正しいかもしれませんね…
原曲のフレーズを抑えるコツや
音作りのコツはまた別記事で書いていきますので、
まずは打ち込みのしかたを覚えていきましょう!

 

それではまた!
めだんしでした。

コメント