【Remix入門編】最後の味付け!効果音で豪華に

ゼロオタRemix講座
スポンサーリンク

はじめに

 

こんにちは!めだんしです。

入門編、トラック制作は今回で最後となります!
前回はアルペジオの紹介をしました。

【Remix入門編】「物足りない?」と思ったらとりあえず鳴らしとけ!アルペジオ
WEBブラウザでのRemixスタートアップ講座。曲の雰囲気・方向性を自在に操れる隠れた存在、アルペジオの作り方紹介です。音楽を始めてみたい!Remixをしてみたい!アイドルに楽曲提供してみたい!そんな熱量溢れる「オタク」のための次世代型情報共有サイト。

今回は最後の仕上げとして、効果音(FX)を置いていきます。

サンプルを置くだけで一気に「ソレっぽさ」が出てくるFX。
頼りすぎるのも考え物ですが、
クオリティアップには欠かせない存在です。

ここまでを乗り切ってきたみなさんなら作業自体は超簡単なので、
サクサクッとやってみましょう!

スポンサーリンク

今回の「スグ使」ポイント

 

  • サンプルライブラリでイイ感じのFXを探す
  • セクションの出だしや次に繋がる部分に置いていこう
  • しっくりくるものが見つからなかったら波形リバースを使ってみよう
スポンサーリンク

今回のゴール音源

 

今回の記事では、ここまでの音源が作れたら達成です。

 

出だしに「シュワ~ッ」という効果音が入りましたね。

一気に「ソレ」っぽくなります。
ポイントは「イメージに近い音」を探せるかどうか、です。

スポンサーリンク

サンプルライブラリでイメージに近い音を探して置いていく

 

音の調達

久しぶりの登場です、サンプルライブラリ。

絞り込みフィルターの「SFX」を選択するとこんな感じに。

一つ一つ再生してみながら、イメージに近い音を探していきましょう。

使い勝手の良い音は以下の二パターンです。

  • シュワーッと上がっていくようなノイズ系のライザー音
  • ノイズ系、もしくはキック系で出だしに迫力を足すようなインパクト音

僕は今回「EDM Build-up Noise Reverse1」を使ってみました。

 

サンプルを置くべき場所

 

音が決まったら次はどこに置くか、ですね。

効果的な場所は以下の二か所。

  • セクションの出だし、派手に見せたいところ
  • 盛り上げポイントに向けて気分をアゲていきたいところ

今回採用したリバース音は後者に向いている
「ライザー(Riser=あげていく)音」ですので、
曲の出始めやサビ一回し目の終わり、二回し目の終わりの3か所に置いてあげます。

特に出だしはこんな感じで、
4拍目で切れるように長さを調整してあげるとメリハリが出るのでいいんじゃないかなと思います。

 

 

サビ一回し目の終わりはそのまま流れるように次のセクションに入っていきたいので
間は空かないようにに置いていきます。

こんな感じ。

 

見つからないときはリバース機能を活用

SoundtrapのサンプルライブラリにはたくさんのFXが登録されているので、
気に入ったものを見つけやすいとは思いますが、
イマイチしっくりこないときは「リバース機能」を使ってみるのも一つの手です。

リバース機能はその名の通り、「波形を前後ひっくり返す」機能。

よくあるじゃないですか、イントロとかで「スゥーッ」ってシンバルの音が入ってくるやつ。
あれが「リバース」です。
シンバルの「シャーン」っていう音を「リバース」するとああいう音になるんですね。

それではSound trapでのリバースのやり方です。

 

先ほど置いた「サビ一回し目最後のライザー音」をそのままコピーで次の小節に置いて…

 

「edit」ボタンから「Reverse」を選択。

 

こうなります。

これで「シュワーーーッ」と上がっていたライザーが、
「シュゥーーッ」と降りていくインパクト系に早変わり。

なかなか見つからないときはこういう手も試してみてください。

 

スポンサーリンク

外部サイトのサンプルパックを使うのも手

 

シンセについてはそうもいきませんでしたが、
単発的な使い方の多いFXの場合は外部サイトのサンプルを使うのも効果的です。

無料で良質なサンプルパックを配布しているところも多いので、探してみてはいかがでしょうか?

今回は「ここだけはおさえとけ!」という意味で1つサイトをご紹介。

cymatics.fmというサンプル・プリセット販売サイトです。

 

Free Samples & Presets
Download 1000+ high quality free samples, Serum presets, Massive presets, project files, and more from Cymatics and improve the quality of your music production...

ここは無料で良質なサンプルをたくさん配布していますので、
まずは試してみるのもよいのではないでしょうか。

ぴったりくるものがあればドラムループもこちらから使うのもアリかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事ではFXの紹介しました。
一気にクオリティアップが狙えるFX、是非とりいれてくださいね。

これでついに入門編のトラック制作は終了です!

次回で最終回、音を整える「ミキシング」を紹介していきます。

それではまた!
めだんしでした。

コメント